every moment

my daily life.

夏の不調にぴったりな飲み物

こんにちは。


今日の東京は曇り。
雨が降らないだけで楽ですが、なんとなく空気が重い気がします。
冬の乾燥した寒い季節より、夏前の方が体調崩れがちです。

 

30歳を目前にして、ちょっとでも体にいいことを聞くと試してみるようになりました。
すごい顔が老けたとか、身体の衰えを感じるとか、、
そんなわけではないのですが、なんとなく不調だなという日が増えた気がするのです。
朝起きた瞬間に疲れたなと感じるのは私だけでしょうか?

 

エステや整体に行ったり、メイクやスキンケアを変えてみたりと体の表面を整えるのは簡単ですが、
内側まではなかなかケアできません。
仕事が忙しいとどうしても食生活は不規則になるし、元々食べ物のアレルギーが多いので偏食気味です。
運動もする時間はないし、仕事中はずっと座りっぱなし。
アルコールの摂取量も多め。
その割には元気だなと思いますが、そろそろ生活を改めなければと思うのです。

 

酵素ドリンクだとかコラーゲンやサプリメント等いろいろ試してみましたが、続けるのって難しい。
効果が出てるのか出てないのかも分からないと面倒になってやめてしまいます。
そんな中最近飲み始めたのが、甘酒です。
発酵フードメーカーで作れるというので、

お味噌を仕込んだときに多めに頼んでおいた玄米麹でつくりました。

 


***発酵フードメーカーでつくる甘酒の作り方***
材料
・麹 250g
・水 300g

レシピ
①材料を消毒した専用容器に入れる
②60℃、8時間で設定する
③冷蔵庫で冷やしたら出来上がり!

 

そのままだと冷蔵庫で1週間くらい、火入れをすれば2週間くらいは日持ちします。
火を入れてしまうと酵素は活動を止めてしまうということなので、
1週間で飲みきれる量をつくるのがおすすめです。

 

これまで麹の甘酒も酒粕の甘酒も飲んだことがなかったのですが、
思っていた味とは違って意外にも美味しい!!
この年になっても食べず嫌いがありますが、これで1つ克服しました。

 

甘酒には酒粕でつくる酒粕甘酒と米麹でつくる麹甘酒があります。
特に健康・美容効果が高いのが、麹で作ったノンアルコールの甘酒です。
米麹が発酵することで豊富な栄養素だけではなく旨み成分もたっぷり含まれています。
ビタミン、ミネラルが豊富で必須アミノ酸が含まれていることから「飲む点滴」と言われます。

 

麹でつくった甘酒は冷蔵庫に入れている状態でも生の酵素が働いています。
酵素の働きで消化・吸収をスムーズに、効率良くエネルギーを摂取できるので朝に飲むのがおすすめです。
また、ビタミンが豊富で美肌効果があります!
甘酒を飲み始めてから、生理前の肌の不調が和らいだ気がします。

 

いろいろ体にいい効果がありますが、
私が一番効果を実感しているのは、腸内環境の改善です!
甘酒には食物繊維に似た働きをする成分と善玉菌のエサになるオリゴ糖が含まれています。

実は甘酒を飲み始めたのは、長年お世話になっている整体の先生に勧められたのがきっかけでした。
以前からお腹がぽっこりが気になっていたのですが、太ったというよりむくみ腸だねと。
生活習慣や食生活の影響が大きいからすぐに治すのは難しいんだよねーとも言われていました。

 

仕事もあるので生活習慣を大きく変えることは難しいので、

先生おすすめの甘酒を飲んでみようかと軽い気持ちで始めたのですが、、

飲み始めて2週間くらいで、下腹のぽっこりが大分改善!
もちろん皮下脂肪も多めなのでダイエットは必須ですが、、

なんか今日スカートがきつい、という日がなくなりました♪

 

ただカロリーが高いため飲み過ぎには注意です。
甘くて美味しいため、つい飲みすぎてしまいがち。
栄養素の吸収のスピードが速いため、血糖値が急激に上昇し、取りすぎてしまうと普通に太ります。

 

俳句の世界では「甘酒」は夏の季語だそうですね。
なんとなく初詣で振る舞われる温かい甘酒を思い浮かべますが、
冷たく冷やした甘酒も甘みが増して美味しいです♪
夏バテ予防にも効果的なので、おすすめです。