every moment

my daily life.

WELEDAのプレママセミナー

WELEDAのプレママセミナーに参加してきました!

まだ産院での母親学級にも参加していないので、初めてのお産に関わるセミナーでした。

開催直前に目に止まり、予定も空いていたため急遽参加を決めたセミナーでしたが、とても良いセミナーだったので出産予定の友達にもオススメしたいなと思いました。

 

WELEDAのマタニティ向けのセミナーは私が参加してプレママ向けのものとプレママ・プレパパ向けの2種類があります。

内容は変わらないようですが、実際にマッサージをやってみる場面があるので他の人の旦那様がいたら気になってしまう方はプレママ向けセミナーに参加する方がいいと思います。

場所は恵比寿のWELEDA本社、参加費は3500円です。

WELEDAの商品を使用した、妊娠線予防・会陰マッサージの方法、母乳育児を行うための産前ケア方法、イギリスの教材を使用したかなりリアルなお産の流れの説明、産後のママの悩みの予防法を講義してもらえます。

 

妊娠線予防のマッサージでは実際にお腹を出して実践するのですが、妊婦さんみんながお腹を出している光景はなんだか不思議な感じでした。

そして背中のマッサージでは隣の人とペアになってマッサージをします。

今日初めて会った人に半分おしりが出ている状態でマッサージしてもらう…

妊婦さん同士なのでそこまで抵抗はないですが、不思議な感覚でした。

プレママ・プレパパ向けのセミナーでも同じようにお腹背中を出すようなので、男性の前ではちょっと、、という場合にはママのみのセミナーをオススメします。

バストマッサージは服の上から、会陰マッサージは自分の手を使っての練習ですが、こちらも見ず知らずの男性のいる前ではやりにくいなと私は思いました。

妊娠すると家族や友人からお腹を触られたり、検診でお腹を出したり検診台の上に乗ったりする機会が増えるので人前でお腹を出すことにそこまでの抵抗感はなくなるような気がするのですが、お腹の大きさや膨らみ方は人それぞれなので妊婦さん同士でもなんとなく人の目線が気になってしまいました。

 

そんなちょっと恥ずかしい部分もありますが、遠慮しながらもお互いにマッサージをすることで仲良くなり、助産師の先生のお人柄もあり楽しくセミナーは進みます。

私が一番気になっていたのは会陰マッサージの方法です。

妊娠後期からは会陰マッサージをすると良いというのは知っていたのですが、どこをどうやって?とずっと思っていて、、

真偽の分からないネットの情報ではなく、実際にお産の現場に立ち会っている助産師の先生にやり方や効果をお聞きできたのが良かったです。

使用するのはWELEDAのカレンドラベビーオイル。出産後は赤ちゃんのケアにも使えるオイルです。

セミナーでは自分の手で練習するのですが、マッサージした方の手は柔軟性が変わります!

会陰切開を絶対避けられるということはないそうですが、カレンドラオイルでのマッサージを続けることで会陰の伸びが良くなり産後の傷の治りも早くなるそうです。

現代では助産院での出産を選ぶ人も少なく、また希望しても助産院では難しく受け入れできない場合が多いそうですが、医療行為のできない助産院では会陰裂傷を防ぐために陣痛の合間にもカレンドラオイルでマッサージ、オイル湿布をすることがあるそうです!

28週から始めると良いそうなので私はまだ先ですが、身体への負担の少ないお産にするためにもがんばりたいと思います。

 

 

WELEDA(ヴェレダ) カレンドラ ベビーオイル 200ml

WELEDA(ヴェレダ) カレンドラ ベビーオイル 200ml

  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 

セミナーの最後にはプレゼントと妊娠線予防に効くマザーズボディオイルとカレンドラベビーオイルの特別価格での販売があります。

プレゼントは試供品やWELEDAのWEBショップ・サロンで使えるクーポン等です。

セミナーは2時間ですが、セミナーの内容やお産について個別に聞きたいことがあればセミナーの後も快く対応して頂けます!

 

帰る頃には出産への不安がすっかり和らぎ、明るい気分になれました。

次のセミナーは4月になるようですが、お近くにお住まいで参加できる方がいましたらぜひおすすめしたいです。

だんだんと自分の身体が変わってきて出産が近づくにつれ不安も大きくなりますが、同じ状況の妊婦さん同士お互いの悩みを共有したり、経験豊富な助産師さんに相談することで出産に対して前向きな気持ちになれました。